赤ら顔の人はかゆみに悩まされることがある

 

赤ら顔でかゆみにも悩まされている人は多いす。
ただ、かゆいからと安易にかゆみ止めの薬を使ってしまったりするのはおすすめできません。

 

そもそも、赤ら顔と言っても原因はひとつではなく、いくつかあります。

 

基本的に薬は人体へ与える効果が高い為に副作用のリスクがあったりします。特に赤ら顔の原因はアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎や乾燥が関係をしています。

 

そのため、間違った処方薬や市販薬を使うことで副作用に悩まされてしまうこともあります。

 

ここでは赤ら顔がかゆい原因だけではなく、止める薬などについて紹介をしています。
かきつづければ皮膚を傷つけてしまうだけでなく、症状の悪化へとつながります。

 

早めにケアをしていくことが大切です。

 

 

赤ら顔のかゆみの原因!かゆみを引き起こす3種類の原因

赤ら顔がかゆい原因

 

赤ら顔のかゆみの原因となっているのは、皮膚の繁殖している最近や乾燥やアトピーなどが関係をしています。

 

  • 肌の乾燥
  • 脂漏性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎

 

この中でもアトピー性皮膚炎についてはアトピーであることを自身で認識をしている人が多いかと思います。しかし、肌の乾燥や脂漏性皮膚炎などが原因となっている人は、顔が赤いしかゆいし、つらいと感じてはいるものの、しっかりと原因を理解できていないこともあるかと思います。

 

もう少し具体的にかゆみの原因について紹介をしていきます。

 

肌の乾燥による赤ら顔かゆみの原因!脂漏性皮膚炎による炎症

 

20代の女性に多いのが肌の乾燥による赤ら顔でかゆいことです。

 

肌にあるセラミドやヒアルロン酸などの保湿物質は紫外線や外的雑菌から守る役割をしています。この働きをバリア機能と呼ばれ、低下をすることで刺激から肌を守ることができなくなります。

 

そのため、バリア機能が低下をすることによって、紫外線や雑菌による肌への刺激によって炎症をし、かゆみを生じる原因となっています。

 

特に20代になると保湿物質は減少をする一方となり、乾燥がしやすくなります。
また、仕事をするようになるなどの変化によって、ストレス・寝不足・飲み会による油の多い食事・飲酒・タバコ・運動不足などの生活習慣の悪化が起きやすいです。

 

そのため、肌が乾燥をしやすいので、赤ら顔の症状もひどくなり、かゆみを伴う原因にもなっています。

 

乾燥が原因の赤ら顔のかゆみを止めるケア

赤ら顔のかゆみを止める方法

 

乾燥が原因の赤ら顔のかゆみを止める方法としては3種類の方法があります。

 

  1. スキンケアで肌を保湿する
  2. 紫外線による外部からの刺激を抑える
  3. 生活習慣の改善をする

 

この中でも特に簡単に始めることができるのが、肌の保湿と刺激を抑えることです。
生活習慣となっている部分の改善は、努力をしてもすぐに行うのが難しい部分もあります。

 

特に20代は仕事による時間の拘束がかかわってきますし、自由にいかないことも多いからです。

 

肌の乾燥を保湿する!スキンケアの見直しをする

 

最も手軽に行えるかゆみ対策はスキンケアの部分です。
特に赤ら顔でかゆみのある人は使う化粧品や化粧水にも注意をしなければなりません。

 

基本的には下記のどちらかの化粧品を使うようにしましょう。

 

  • 保湿用の化粧水
  • 赤ら顔用の化粧水

 

あなたが赤ら顔でかゆみがあるなら、肌が炎症をしています。
そのため、顔への刺激は症状を悪化させる原因にもなるので、できるだけ肌に優しい成分で作られたのを利用するようにしましょう。

 

その部分を踏まえて成分などが赤ら顔用の化粧水は作られているので、保湿力と肌へのやさしさなどが考えられています。
そのため、赤ら顔用の化粧水を使うのがもっともおすすめすることができます。

 

ただ、人には肌質なども関係をしているので、現在赤ら顔用の化粧水を使っていて、肌がピリピリ感じたりしているのであれば、別の赤ら顔用の化粧品を利用するようにしましょう。

 

生活習慣の改善をする

 

赤ら顔でかゆい人で改善をした方が良いのが生活習慣の改善です。
但し、生活習慣の改善に関してはすぐに行ってしまうと、ダイエットのように途中であきらめてしまい失敗をしてしまうことが多いです。

 

そのため、少しづつ改善を心掛けるようにしていくのがおすすめです。

 

  • 寝不足の人なら夜はスマホを早い時間に見るのを止めて脳がリラックスできるようにする
  • フィットネスで運動をしたり、通勤で少し遠回りなどして運動不足を解消する
  • アルコールの摂取や油の多い食事を控える

 

アトピー性皮膚炎であればステロイドと外用薬を併用!病院やドラッグストアの処方薬

 

アトピー性皮膚炎が原因の赤ら顔のかゆみの止め方についても解説をしていきます。
乾燥が原因の人は『かゆみを抑えるケアは赤ら顔の改善へとつながっていく』におすすみください。

 

アトピー性皮膚炎であれば、ステロイド薬と外用薬を併用した方法がおすすめです。
薬にもよりますが、病院での処方薬であったり、薬剤師のいるドラッグストアの販売の市販薬であったりします。

 

有名なのであればプロトピックやステロイド外用薬などです。
効果を高めるとともに副作用を減らす為にも2つの薬を併用していきます。

 

プロトピック軟膏とステロイド外用薬を一緒に使うことによって、かゆみの炎症効果も高くなるとともに使用量を減らし副作用も減ることが分かっています。
引用元:厚生労働省のアトピー性皮膚炎かゆみをやっつけよう!

 

上記は厚生労働省のページからの引用になります。
薬を使ってかゆみを止める人は必ず、医師や薬剤師の人に相談をして決めるようにしてください。

 

化粧品と違い人体へ与える影響が高いので、症状などによって使えなかったり、間違ったものを利用してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

かゆみを抑えるケアは赤ら顔の改善へとつながっていく

かゆみケアが赤ら顔の改善へとつながる

 

基本的に赤ら顔でかゆいみを抑えるケアは改善へとつながっていきます。

 

赤ら顔の原因としては様々なのがありますが、皮膚が薄いなどの原因についてはどうしようもすることができません。しかし、他の部分の原因となっている部分を解消することはできます。
もっとも一般的な方法としては化粧水や美容液などの特に保湿の部分に関わるスキンケアです。

 

ここまでのかゆみを抑えるケアを見ても分かりますが、基本的には赤ら顔のケアとほとんど似ています。
顔が乾燥をすることでバリア機能が低下をして、刺激によって顔が赤くなりやすいですし、毛細血管が拡張して血が透けて見えやすくなります。

 

また、そのひとつで炎症をすることでかゆみをともなってもいます。
そのため、あきらめてしまったり、後回しにしてしまったりするのではなく、早めに改善をするのがおすすめです。

 

特に顔は他の部位に比べ、吸収率が良いとも言われています。
そのため、肌トラブルの中でも赤ら顔のような顔に関わる部分のケアに大事なのは化粧品なのですね。

 

赤ら顔のスキンケアについては下記で解説をしているので、本気でどうにかしたいと考えている人はご覧ください。
20代の赤ら顔に効く化粧水の選び方!赤ら顔が治らない人向け