赤ら顔が治らない人へ

 

赤ら顔が治らないなんてことはありませんか?

 

笑っただけで顔が赤くなってしまう・・・
顔が赤いよと指摘をされる・・・
飲んで訳ではないのに赤ら顔になる・・・

 

毎日ケアをしているものの、赤ら顔が一向に改善せず、治らないって人も多いです。

 

赤ら顔は別名で毛細血管拡張症と呼ばれる症状ですが、多くの人が皮膚が薄い人限定で症状が起きると思っている点です。確かに皮膚が薄いと血管の血の色が透けて見えやすいので、顔が赤くなりやすいです。

 

しかし、それだけでが原因ではありません。
きちんとケアをすることで赤ら顔を改善するができるようになります。

 

本気で赤ら顔をどうにかしたいって人はこのままご覧頂ければと思います。

 

 

赤ら顔に効く化粧水の選び方

赤ら顔に効く化粧水

 

赤ら顔の化粧水の選び方のポイントとしては下記の3点です。

 

  1. 肌に優しい成分で作られている
  2. セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が豊富
  3. しっかりと肌に浸透をする

 

顔が赤くなってしまう人は皮膚が薄いかバリア機能が低下をして、刺激に弱くなってしまっています。そのため、乾燥肌・敏感肌の人に発症をすることが多いです。化粧水を使ってケアをしているつもりでも、刺激を与えてしまっては逆に改善をすることはできません。

 

そのため、できるだけ肌に優しい成分で作られており、なおかつ使ってみてあなたの肌に合っていると感じるのを選ぶようにしましょう。

 

また、しっかりと化粧水に含まれている美容成分がしっかりと浸透をするようになっており、バリア機能を高める為にも保湿成分が豊富なのを選ぶようにしましょう。

 

赤ら顔が化粧水でケアしても治らない!どうすれば顔が赤いのを改善できる?

赤ら顔が治らない

 

赤ら顔の症状が軽い人であれば、化粧水などでしっかりとケアをすれば改善をすることはあります。
しかし、中には赤ら顔用の化粧品を使っているのによくならないって人もいます。

 

もしそういった人であれば、赤ら顔の原因となる部分の解消を行うようにしましょう。
いくら化粧品でケアをしたとしても原因の部分が酷ければ効果を実感できることはありません。

 

むしろ逆に原因の悪化から更に頻繁に顔が赤くなってしまうことだって考えらます。
赤ら顔が治らないって人はまずは原因を理解して、その部分の解消をしてください。

 

そのため、ここからは赤ら顔の原因にはじまり、どうやって改善をするかについての解説をしていきます。

 

赤ら顔の原因は毛細血管拡張症!皮膚が薄いかバリア機能が低下している

赤ら顔の原因について

 

そもそも赤ら顔とは毛細血管拡張症と呼ばれる症状のことです。

 

毛細血管には当然のことながら血が流れているのですが、血の巡りが悪くなってしまうことで、一部分の流れる血の量が多くなってきます。また、刺激を与えることで毛細血管が拡張(広がる)するので血の量が多くなってしまいます。

 

その血の色が肌から透けて見えてしまう症状を赤ら顔と言うのですね。

 

主に赤ら顔になってしまう人の原因としてあるのが皮膚が薄いかバリア機能が低下をしている点です。
しかし、この皮膚が薄い点に関しては生まれつきの遺伝であったり、体質などが関係をしているので改善をするのは難しいです。

 

そのため、赤ら顔の原因の中でも改善できるのは刺激によって毛細血管が拡張する部分となります。

 

20代や30代で顔が赤い原因

 

20代や30代になってから赤ら顔になってしまった人やひどくなってしまった人も多いかと思います。
考えられる原因としては下記の3つが言えます。

 

  1. 生活習慣の悪化(食生活・ストレス・寝不足など)
  2. 肌の保湿物質の低下
  3. 老化で変化した肌にあったケアができていない

 

20歳を過ぎると肌にある角質層内のセラミドやヒアルロン酸などの保湿物質はだんだんと減少をしてしまいます。そのため、肌が乾燥をしやすくなるだけではなく、刺激から守るバリア機能が低下をしてしまいます。

 

肌のコンディションも変化をしていきますが、それにあったケアができていないって人も多いです。また、社会人になることでの生活習慣の悪化が原因のひとつともなります。

 

飲酒・喫煙に加え、飲み会などでの油の多い食事。そして、仕事でのストレスや寝不足。

 

これらの要因によって代謝が低下をしたりと、肌のコンディションを悪くしてしまいます。
そのため、20歳を過ぎると赤ら顔になりやすい原因が盛だくさんとなってしまうのですね。

 

本気で赤ら顔を治したい人のケア!化粧水でのケアだけでなく原因の解消をする

赤ら顔は化粧水でケアをする

 

本気で赤ら顔を治したいのであれば、化粧水でのケアだけではなく、原因の解消をするようにしましょう。

 

  • 居酒屋で油料理を少なめにする
  • ストレスや運動不足の改善に運動をする
  • 使っている化粧品が肌に本当にあっているか見直す
  • スマホの見過ぎで寝不足を引き起こさないようにする

 

赤ら顔の原因となっている生活習慣の部分ははっきりと言えば改善するのが難しい部分です。日頃の習慣ができていることを変えていかなければならないからです。
しかし、赤ら顔用の化粧品を使ってみても治らず、どうにかしたいと考えるのであれば、避けることはできない部分です。

 

あなたに当てはまる部分を一度に行うとすると経験からも言えますが、まず失敗をしてしまいます。
そのため、一部分を少しだけ改善してみるなどちょっとづつでも良いので進めるようにしましょう。

 

夏でも冬外出時は紫外線対策をする!CCクリームなどの基礎化粧品を使う

 

赤ら顔の人が特に気お付けるのが紫外線対策の部分です。
紫外線は皮膚への刺激となり、その蓄積によっては肌の老化の原因とも言われています。

 

そのため、夏場であろうと冬場であろうと紫外線対策はしっかりと行うようにしてください。
しかし、日焼け止めクリームなどの厚塗りは肌へ逆に悪影響となるので、適切な量を使うようにしてください。

 

おすすめは基礎化粧品としてCCクリームを使うようにすることです。
肌の補正効果で肌の欠点をカモフラージュし、肌のトーンをアップさせるのを目的に作られているのが多いです。

 

ようするに赤ら顔を隠しトーンを明るくする効果が期待できるだけでなく、紫外線をカットする成分が含まれているものもあります。
まさに赤ら顔の人にこそおすすめの基礎化粧品がCCクリームです。